エコバッグオリジナルエコバッグ研究サイト【eco-bag.jp


当サイトではエコバッグやオリジナルマイバッグの本来のコンセプトをふまえて
エコバッグに関するニュースや商品をブログのほうで広くご紹介いたします。

エコバッグ・オリジナルエコバッグ研究のブログ


************

エコバッグ・マイバッグ運動のコンセプト、
コンビニやスーパーでのレジ袋はなるべく遠慮して、手持ちのバッグに入れて帰りましょう♪
日常ゴミが出ないように心がける事が大切かと思います。
環境問題は自分でできることから始める、その第一歩としていかがでしょうか。

正直、ブームによって何度もエコバッグを買い換えたり、
エコバッグ自体が大量生産されたりすることが、逆に環境負荷が高まることに繋がり、
普通にレジ袋を使用するほうが相対的に環境に良いのではないかという意見もあります。

リアルな場面で考えると、多くの地域で「ゴミ出しの曜日」が定められていますので、
家庭ではゴミ出しの日まで小さなレジ袋などでゴミをまとめて臭いの対策をしたり、
ちょっとした収納にレジ袋が活躍しますので、
一概にレジ袋が悪者だということは全くないと思います。
むしろ生活の中でとても便利なものの一つであることには間違いありません。

あくまで問題となっているのは「ゴミ」とその処理なのです。
石油や木などの貴重な天然資源を使って作られた多くのものが、使用された結果として大量のゴミとなり廃棄されます。
そしてそれは大量のCO2やダイオキシンを発生させて燃やされたり、海の埋め立てに利用されたりします。
他にも不法投棄や薬品などのゴミ処理も問題となっています。

すなわち必要以上のものを消費、使用することが、この問題の根幹なのです。
そういった意味で、「(必要以上の)レジ袋を断ろう」という運動につながったわけです。

結局、身近なところでゴミを出さない生活スタイルの確立が、ゴミ削減のためにとても重要な課題だと思われます。
モノを大切にする気持ちをもち、モノを大切に使い、モノに感謝すること。
そういった気持ちが世界の環境を変えるのだと思います。

ゴミはときとして宝物にもなりえるものであったりします。
しかしながら、まだまだ捨てられるゴミの量を活かす量が追いつくまでには至っていません。
世界中の色々な企業や生活する人がそれぞれアイデアを出し合って、良くなっていけばと思います。


************

オリジナルエコバッグの作成をお考えの方は

送料無料のオリジナルウェア・グッズ作成サイト「Garakutas Custom Wear Service」にてどうぞ!

姉妹店、オリジナルTシャツ作成の専門情報サイト「Tシャツ制作ファクトリー」もあわせてどうぞ。

無地Tシャツや無地ウェア、無地バッグのご購入は「Tシャツ.CO.JPTシャツ・シーオージェーピー)」もあわせてどうぞ。

ものづくりのご提案カンパニー ガラクタス(Garakutas & Co.)